※センターホームページ内を検索します。

HOME > >

迷惑メール対策

緊急連絡・最新ニュースから抜粋

1. Office365 のウェブメールでのトラブルは解消しました。. (11/9)

2. Office365 のウェブメールでトラブルが発生しています (現在メーカーにて修復中). (11/9)

3. Office365 メールの障害(5/31)、復旧. (5/31)

4. 5/17(水)の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。. (5/8)

5. 3/22(水)の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。. (3/21)

6. [解消]Office365ポータルからメールを見ようとすると、再度サインイン画面が表示される. (2/1)

7. 1/12(木)【注意喚起】マイクロソフトを騙るフィッシング詐欺メールについて. (1/12)

8. 12/28(水) の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。. (12/22)

9. 12/14(水) の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。. (12/7)

10. (遅延は解消されました)迷惑メール対策&ウイルス対策装置でのメール処理で遅延を生じています。. (10/19)

11. 問題は解消されました。 --> 6/18 (土) Office365 ポータル https://portal.office.com/ へアクセスできない場合があります。(メールを読み書きする場合は、暫定回避方法が有ります) . (6/18)

12. 【注意喚起】(5月23日) 不審メールについて(フィッシングメールの可能性があります). (5/23)

13. 4/13(水) の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。. (4/5)

14. 迷惑メール対策&ウイルス対策装置への保守作業 [3/16]. (3/11)

15. 本庄キャンパス・教育研究用システムの利用についてのページ更新(電子メールソフトの利用). (3/11)

16. (1/27) 不審メールについて(パスワードを盗まれる恐れ有り). (1/27)

17. メールソフトにおいてフォルダが表示されない症状について(1月26日、MS社により障害回復との報告). (1/19)

18. Thunderbird等のメールソフトにおいてフォルダが表示されない問題について(マイクロソフト社に調査依頼中). (1/19)

19. 教職員用メールサービスでメールの一部に受信遅延が生じています。. (1/7)

20. 学生用メールサーバ設定値一覧を追加. (12/17)

迷惑メール(SPAM)を減らそう

総合情報基盤センターでは、迷惑(SPAM)メール対策システムを運用しており、本学で送受信されるメールについては、迷惑メール対策システムで迷惑メール判定処理がされ、 迷惑メールと判定されたメールを各ユーザ毎に隔離し、毎日、メール(「JunkMail Manager Summary」題名)で通知します。

なお、必要なメールが迷惑メールと誤判定され、隔離される場合もありますので注意が必要です。

迷惑メールの中には、送信元アドレスなどによって、迷惑メール対策システムをすり抜ける場合もあります。

自分のメールアドレスを教えたはずのない会社や団体、個人からの広告や勧誘メール、 ウィルス添付メール、パスワードやクレジットカード番号を盗むサイトへの誘導(フィッシング)メール、または意味不明のメッセージが入ったメールを受信する場合があります。

迷惑メールの多くはホームページから検索して得られたメールアドレスや、ランダムに作り上げたメールアドレスを当てずっぽうに送り続けます。宛先不明やウイルス駆除プログラムで検出されたメールはエラーと共に送信者に自動的に送り返されますが、送り主のアドレスを偽造することもできるので出した覚えのない人がエラーメールを受け取ってしまうという、厄介な事例も頻発しています。また、ウイルスプログラムを添付してコンピュータウイルスの被害を拡大する原因ともなっています。


目次

1.迷惑メールがきたらどうすればいい?

2.迷惑メールが毎日大量に送信されてきて、手で削除するのも一苦労する。何か手立てはないか?

3.教職員用メールサービス外注化後の迷惑メール対策について

4.迷惑メール管理システム「Razorgate」操作手順書(教職員用)[PDF]

5.Mozilla Thunderbird と迷惑メール対策装置との連携方法(学生用) [PDF]


1. 迷惑メールがきたらどうすればいい?

電子メールの性格上、根本的な解決策はありません。しかし、各人がメールソフトの設定を把握することで、迷惑メールを目にする頻度を減らすことができます。

  • ウイルス駆除プログラムを使って添付ファイルの中身を常に調べるように設定してください。
  • 迷惑メールにウイルスが含まれるファイルが添付されていることが多いので、メールを受信した際に、メールソフトが自動的に迷惑メールとその添付ファイルを開封しないように設定しておきましょう。
  • 自分で迷惑メールだとはっきりと分かる題名がきたら、開封せず、すぐに迷惑メール用フォルダかゴミ箱に移動して自分からすぐに読める位置から遠ざけましょう。この作業を軽減するために、主要メールソフトには「フィルタリング機能」「迷惑メール学習機能」というもので、一定の送信者や語句の入ったメールを自動的に振り分けてくれる機能が組み込まれています。正しく振り分けられているのか、後で確認しなければなりませんが、大半のメールはこの機能でうまく振り分けられます。
  • 大量の意味不明のメールリストを目にするのは不愉快なものですが、返事をしてもほとんど真の送信元にメールは行きません。かえって反応のあるメールだとみなされ更に悪用されることもあります。
  • どんどん不要なメールを削除していると、大事なメールも削除することがあるので完全に消去するのは後日にしたほうがいいでしょう。
  • お互いに迷惑メール対策を行っていると、100%確実に相手に届けられるとは限りません。重要なメールをやりとりする場合は、前もってテストメールを相手に送信するなどして、トラブルを避けましょう。

2. 迷惑メールが毎日大量に送信されてきて、手で削除するのも一苦労する。何か手立てはないか?

最新メール関連情報詳細

1. Office365 のウェブメールでのトラブルは解消しました。

一部のユーザーで Office365 のウェブメール「Outlook on the web」を用いたメールの利用に障害が発生していた件は、メーカーであるマイクロソフト社により解消しました。

2. Office365 のウェブメールでトラブルが発生しています (現在メーカーにて修復中)

一部のユーザーで Office365 のウェブメール「Outlook on the web」を用いたメールの利用に障害が発生しています。 現在、メーカーであるマイクロソフト社にて復旧作業中です。 利用者の皆様にはご迷惑をおかけします。

3. Office365 メールの障害(5/31)、復旧

Microsoft より、5/31 11:30 に障害が復旧したとの報告がありました。 よろしくお願いいたします。

4. 5/17(水)の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。

迷惑メール対策&ウイルス対策装置に対して以下の日程で保守作業を行います。 作業中は利用者の皆様へご迷惑をおかけします。

  • 日時: 5/17(水) 13:00~16:00
  • 作業内容: サービスの安定性向上のための作業
  • サービスへの影響: 一時的にサービス不安定になる場合あり
  • 影響範囲: 部局・学科・研究室のメールサービス


5. 3/22(水)の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。

迷惑メール対策&ウイルス対策装置に対して以下の日程で保守作業を行います。 作業中は利用者の皆様へご迷惑をおかけします。

  • 日時: 3/22(水) 13:00~16:00
  • 作業内容: 機器入替
  • サービスへの影響: 一時的にサービス不安定になる場合あり
  • 影響範囲: 部局・学科・研究室のメールサービス


6. [解消]Office365ポータルからメールを見ようとすると、再度サインイン画面が表示される

本日(2/1) 12:26に不具合が解消したとの連絡がありました。 ご迷惑をおかけしました。
現在、Office365ポータルにサインインし、メールタイルをクリックすると再度サインイン画面が表示される不具合が発生しています。 再度サインインする事でメールの使用は可能です。 Microsoftには連絡済みです。 Microsoftからは、現在調査を行なっているとの連絡がありました。 ご迷惑をおかけしますが、不具合が解消するまでいましばらくお待ちください。

7. 1/12(木)【注意喚起】マイクロソフトを騙るフィッシング詐欺メールについて

本日(1月12日)未明から、「日本マイクロソフトセキュリティチーム」を名乗り、件名に は「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」と書か れた大量のフィッシング詐欺メールが,本学の複数の教職員へ送信されているこ とが確認されています。

ついては,フィッシング詐欺被害にあう恐れがございますので,本文中のリ ンクをクリックしない,添付ファイルを開かない,メールの送信元に連絡をし ないなど,十分にご注意くださいますようお願いします。


8. 12/28(水) の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。

迷惑メール対策&ウイルス対策装置に対して以下の日程で保守作業を行います。 作業中は利用者の皆様へご迷惑をおかけします。

  • 日時: 12/28(水) 13:00~16:00
  • 作業内容: 内部ソフトウェアのアップデート
  • サービスへの影響: 一時的にサービス不安定になる場合あり
  • 影響範囲: 教職員用メールサービス、部局・学科・研究室のメールサービス

9. 12/14(水) の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。

迷惑メール対策&ウイルス対策装置に対して以下の日程で保守作業を行います。 作業中は利用者の皆様へご迷惑をおかけします。

  • 日時: 12/14(水) 13:00~16:00
  • 作業内容: 内部ソフトウェアのアップデート
  • サービスへの影響: 一時的にサービス不安定になる場合あり
  • 影響範囲: 教職員用メールサービス、部局・学科・研究室のメールサービス


    10. (遅延は解消されました)迷惑メール対策&ウイルス対策装置でのメール処理で遅延を生じています。

    10月19日午後遅くに遅延は解消されています。

    -- 以下、元の投稿(10月19日午前) --

     現在、メールの到着に数分から数十分の遅延が起きています。
     届かないことを理由にメールの再配送を行うと更なる遅延になります。メール到着まで待つようにお願いします。
     利用者の皆様にはご迷惑をおかけします。

    影響の範囲: 教職員用メールサービス、部局・研究室のメールサービス


    11. 問題は解消されました。 --> 6/18 (土) Office365 ポータル https://portal.office.com/ へアクセスできない場合があります。(メールを読み書きする場合は、暫定回避方法が有ります)

    現在(6/18 17:40過ぎ)、問題は解消されています。

    以下、元の通知です。

    ---------------

    現在、Microsoft社のOffice365 ポータル https://portal.office.com/ にログインしようとすると、「お客様のリクエストを処理できません」というメッセージが表示され、アクセスできない場合があります。

    Office365のWebメーラでメールを読む場合は、ポータル経由ではなく https://mail.office365.com/ でログインすれば、この問題を暫定的に回避することができます。


    12. 【注意喚起】(5月23日) 不審メールについて(フィッシングメールの可能性があります)

    本学の複数アドレスに対し、以下のような不審なメールが届いています。

    下記メールの返信先にはcenter@ml.cc.saga-u.ac.jpが示されていますが、詐称されているだけであり、佐賀大学や総合情報基盤センターとは全く関係ありませんので、絶対にurlをクリックしたりしないで下さい(ユーザ名やパスワードが不正に収集される恐れがあります)。

    -------------
    Subject: [center:******] アクティブなメールアカウント
    本文:
    
    アクティブ電子メールアカウントは、その限界を超えています
    
    あなたは24時間以内に確認されていない場合、あなたはそれを確認する必要があります
    
    私たちは、あなたのアカウントを一時停止します。今、あなたの電子メールアカウントをチェックするために、
    ************************* (※urlが示されています)
    
    をクリックご理解いただき、ありがとうございましたアクティブ!すべての著作権は、メール©1998年から2016年トランスウエアに
    -------------
    

    このようなメールを受信した場合は、メール内のurlを決してクリックしないよう注意し、総合情報基盤センターまで連絡して下さい。


    13. 4/13(水) の定期保守時に迷惑メール対策&ウイルス対策装置に保守作業を行います。

    迷惑メール対策&ウイルス対策装置に対して以下の日程で保守作業を行います。作業に伴うサービス休止は予定しておりません。作業中は利用者の皆様へご迷惑をおかけします。

    • 日時: 4/13(水) 13:00~16:00
    • 作業内容: 内部ソフトウェアのアップデート
    • サービス休止: サービス再起動に伴う2~3分程度のサービス休止
    • 影響範囲: 教職員用メールサービス、一部の部局・学科・研究室のメールサービス


    14. 迷惑メール対策&ウイルス対策装置への保守作業 [3/16]

    迷惑メール対策&ウイルス対策装置に対して以下の日程で保守作業を行います。作業に伴うサービス休止は予定しておりません。作業中は利用者の皆様へご迷惑をおかけします。

    • 日時: 3/16(水) 13:30~16:00
    • 作業内容: ライセンス更新
    • サービス休止: 予定なし
    • 影響範囲: 教職員用メールサービス、一部の部局・学科・研究室のメールサービス


    15. 本庄キャンパス・教育研究用システムの利用についてのページ更新(電子メールソフトの利用)

    本庄キャンパス・教育研究用システムの利用についての1.1 Windows 環境の節で、Office365に対応した電子メールソフトウェアの利用について情報を追加しました。

    16. (1/27) 不審メールについて(パスワードを盗まれる恐れ有り)

    本学の複数アドレスに対し、以下のような不審なメールが届いています(日本語と英語の両方のパターン有り)。

    下記メールには「SAGA」「ウェブマスター」といった文言が含まれていますが、佐賀大学や総合情報基盤センターとは全く関係ありませんので、絶対にurlをクリックしたりしないで下さい(ユーザ名やパスワードが不正に収集される恐れがあります)。

    ※不審メールの本文中に含まれるurl(formdesk社のページ)は、学内からアクセスできないよう、現在Firewallでブロックをかけています。

    -------------
    Subject: Re:あなたのメールクォータは、クォータを超えました
    本文:
    あなたのメールクォータは、クォータは現在20.9ギガバイトで動作する20ギガバイトである超過しました
    再活性化し、SAGAのウェブメールクォータは、下のリンクをクリックして増加します。
    (以下略)
    -------------

    -------------
    To: undisclosed-recipients:;
    Subject: Re: UPDATE

    Your email quota exceeded the quota is 20 gigabytes currently running at 20.9 gigabytes

    To re-activate and increase SAGA webmail quota click the link below.
    (以下略)
    -------------

    このようなメールを受信した場合は、メール内のurlを決してクリックしないよう注意し、総合情報基盤センターまで連絡して下さい。


    17. メールソフトにおいてフォルダが表示されない症状について(1月26日、MS社により障害回復との報告)

    マイクロソフト社より本障害について再度アナウンスがありました。復旧したとのことです。マイクロソフト社からのアナウンス文は本お知らせの末尾に引用いたします。
    (当初は、日本時間1月22日(金)10:00頃に障害から回復する予定とのアナウンスがあり、その後1月26日06:00頃までかかるとの再々アナウンスがありました。)


    ※ 以下、センターからのお知らせ内容(2016/01/19掲示)
    -------------------

    複数の教職員から、Thunderbird等のメールソフト上で見えていたフォルダが見えなくなっている旨の連絡が来ています。

    現在、マイクロソフト社にて原因調査中です。

    現象が発生している方は、総合情報基盤センター・医学サブセンターもしくは事務局情報管理課へご連絡下さい。

    Office365メールでのウェブメールソフト(Outlook Web Access)上ではフォルダは見えるとの報告がありますので、現象が発生している方はそちらの使用をお願いします。

    Office365 メールのURL:http://portal.office.com/


    ※ 以下、マイクロソフト社からのアナウンス (2016/01/21)
    -------------------

    Current Status: Engineers have determined that a code issue has been introduced with a recent build update. The IMAP protocol is unable to automatically load data from Exchange Online databases. Engineers are currently implementing a fix in order to remediate end-user impact.

    User Impact: Affected users are unable to receive emails when accessing Exchange Online through the Internet Message Access Protocol (IMAP). As a workaround, users may be able to access mail via the Outlook Web App (OWA).

    Customer Impact: Analysis of incident scope indicates that a limited number of customers appear to be impacted by this event. However, those customers affected likely have a large number of users experiencing impact. Engineers have received a few isolated customer reports of this issue.

    Incident Start Time: Monday, January 18, 2016, at 12:00 AM UTC

    Estimated Restoration Time: By Friday, January 22, 2016, at 1:00 AM UTC

    Preliminary Root Cause: As part of our efforts to improve service performance, an update was deployed to the affected infrastructure; however, the update caused a code issue that prevents the IMAP protocol from automatically loading data from Exchange Online databases.

    Next Update by: Friday, January 22, 2016, at 2:00 AM UTC


    ※ 以下、マイクロソフト社からのアナウンス (2016/01/25)
    -------------------

    Current Status: The deployment process is taking longer than initially expected due to a configuration issue. Engineers reconfigured the problematic portion of capacity and are continuing to monitor the deployment to ensure it propagates throughout the infrastructure in a timely manner. Customers will begin to experience service restoration as the deployment progresses.

    User Impact: Affected users are unable to receive email messages when accessing Exchange Online through Internet Message Access Protocol (IMAP). Additionally, affected users may experience limited functionality with third-party email clients that connect to the service via the IMAP protocol. As a workaround, users may be able to access email via Outlook on the web.

    Customer Impact: Analysis of incident scope indicates that a limited number of customers appear to be impacted by this event. However, those customers affected likely have a large number of users experiencing impact. Engineers have received a few isolated customer reports of this issue.

    Incident Start Time: Monday, January 18, 2016, at 12:00 AM UTC

    Estimated Restoration Time: By Monday, January 25, 2016, at 9:00 PM UTC

    Preliminary Root Cause: As part of our efforts to improve service performance, an update was deployed to a subset of code which is responsible for obtaining the subscribed folder list. However, the update caused a code issue that prevented the list from being automatically loaded.

    Next Update by: Monday, January 25, 2016, at 9:00 PM UTC


    ※ 以下、マイクロソフト社からのアナウンス (2016/01/26)
    -------------------

    Final Status: Engineers have confirmed that deployment is complete and the issue is resolved.

    User Impact: Affected users were unable to receive email messages when accessing Exchange Online through Internet Message Access Protocol (IMAP). Additionally, affected users may have experienced limited functionality with third-party email clients that connect to the service via the IMAP protocol. As a workaround, users were able to access email via Outlook on the web.

    Customer Impact: Analysis of incident scope indicated that a limited number of customers appeared to be impacted by this event. However, those customers affected likely had a large number of users experiencing impact. Some customers reported that their organization was affected by this issue.

    Incident Start Time: Monday, January 18, 2016, at 12:00 AM UTC

    Incident End Time: Sunday, January 24, 2016, at 11:00 PM UTC

    Preliminary Root Cause: As part of our efforts to improve service performance, an update was deployed to a subset of components which are responsible for obtaining the subscribed folder list. However, the update caused a code issue that prevented the list from being automatically loaded.

    Next Steps: The following is a list of known action item(s) associated with this incident. As part of the Office 365 problem management process, additional engineering actions may be identified to improve the overall service.
    - Action: Review procedures for validating service updates as subscribed folder dependencies were not identified during the testing phase of the development process.

    A post-incident report will be available on the Service Health Dashboard within five business days.


    18. Thunderbird等のメールソフトにおいてフォルダが表示されない問題について(マイクロソフト社に調査依頼中)

    Thunderbird等のメールソフトにおいて、メールサーバにあるフォルダが画面に一覧表示 されない、メールが送信できない等の現象が一部のユーザで発生しています。現在、問題の 原因について業者を通じてマイクロソフト社に調査を依頼しているところです。現象が発生 している方には大変ご不便をおかけしますが、代わりにOffice365メールでの使用をお願いします。

    Office365メール: http://portal.office.com/

    19. 教職員用メールサービスでメールの一部に受信遅延が生じています。

    今日(1/7) の午後から、教職員宛のメールの一部に受信遅延を生じています。調査したところ、メールシステムである Office 365 メールのシステム内部で処理遅延が発生しています。 現在、サービスを提供しているマイクロソフトにより対応中です。教職員用メールサービスを利用されている方々にはご迷惑をおかけします。


    20. 学生用メールサーバ設定値一覧を追加

    学生用メールサーバ設定値一覧を「センターホームページ>サイトマップ>メールの利用」に設置しました。